« (その2)あなたにとって「尾生の信(びせいのしん)」とは? | トップページ | (その4)ある意味「こわい話」 »

2011年8月20日 (土曜日)

(その3)「換骨奪胎(かんこつだったい)」について考えてみます

 今から1100年ほど昔、「秋立つ日よめる」ということで、藤原敏行朝臣は歌を作りました。古今集、秋の部の冒頭です。

【秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる】

 「う~む、うまい!」 名歌と言われているのも納得できます。この歌を踏まえて約850年後、蕪村が詠みました。

【秋来ぬと合点させたる嚔(くさめ)かな】

 「なるほど! パロディや。風の音がくしゃみになった」 さらに蕪村と同時期の大阪の俳人、大伴大江丸が続きます。

【秋来ぬと目にさや豆のふとりかな】

 「ほほぅ、さや豆ときたか。笑わしよんなぁ」 で、蕪村・大江丸から約250年、2011年の8月も終わりに近づいた日、とある無名のおじさんが詠んだのが次の一句です。

【秋来ぬと目に浮かぶのはさやかちゃん】

 「何? さやかちゃんって誰?」 このおじさんが大阪にいたとき、知り合いにさやかちゃんていう別嬪さんがおったのよ(笑)

 

ーーーーーーーーーー

 というわけで、『換骨奪胎』とは、昔の人が作った詩文をまねて自分独特の新しい表現をすること、なのだそうです。よく言えば「焼き直し」または「パロディ」、ちょっと間違えれば「盗作」ってことです。

« (その2)あなたにとって「尾生の信(びせいのしん)」とは? | トップページ | (その4)ある意味「こわい話」 »

古典より」カテゴリの記事

季節の話題」カテゴリの記事

コメント

>わた雲さん

入れてもらえると思います。ただ4句目が字余りになっているのが残念です。

『秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども シワの数にぞ おどろかれぬる』

でいいんじゃないかなぁ。こういうのは語呂が大事です。できれば五七五七七の定型にしたほうがいいですよ。発想は確かに換骨奪胎です。「秋」は「飽き」につながりますからね。笑えます。

コメントをありがとうございましたm(_ _)m

換骨奪胎(かんこつだったい)
恥ずかしながら、初めて知る言葉です。
頑張って覚えても、明日には忘れていそう。。。

秋来ぬと 目にはさやかに見えねども シワの増加にぞおどろかれぬる

これも換骨奪胎に入れてもらえるのかなぁ。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« (その2)あなたにとって「尾生の信(びせいのしん)」とは? | トップページ | (その4)ある意味「こわい話」 »