« (その30)“他”と“外”の違いについて | トップページ | (その32)今宮神社のナマズさんにおまいりする話 »

2011年9月27日 (火曜日)

(その31)今宮神社の阿呆賢さんの話

“阿呆賢さん”と書いて「あほかしさん」と読みます。

京都市北区の今宮神社にある、ご利益さんです。

311

 阿呆賢さんっていうのは、直径20センチほどの、ちょっと大きめの石です。見たところ何でもない、黒っぽい普通の石なんですが、実は“霊験あらたか”なのです。

312

 ①願いを込めてこの石をなでてから、自分のカラダの悪いところを触ると、早く治る。

 

  ②さらに、阿呆賢さんを 『あほ、あほ、あほ』 と、三回たたいて持ち上げると重くなる。

 

  ③逆に 『かしこい、かしこい、かしこい』 と、三回なでてから持ち上げると軽くなる。

   つまり「阿呆」と「賢い」で阿呆賢さんです。おまいりする人間の扱い方によって、願い事がかなったり、かなわなかったりします。

 

  私も持ち上げてみました。心をこめて『かしこいかしこいかしこい』と、やさしくなでて持ち上げてみると、ホントに軽くなりました!(最初の時よりも、すっと持ち上がる感触です)

 

 これは不思議ですねー。一度試してみる“価値あり”ではないでしょうか。

313

« (その30)“他”と“外”の違いについて | トップページ | (その32)今宮神社のナマズさんにおまいりする話 »

ご利益さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (その31)今宮神社の阿呆賢さんの話:

« (その30)“他”と“外”の違いについて | トップページ | (その32)今宮神社のナマズさんにおまいりする話 »