« (その98)お初天神 | トップページ | (その100)おめでたい話(十度目)…招き猫 »

2011年12月 4日 (日曜日)

(その99)蛤御門

京都御苑の西側、烏丸下長者町をちょっと上ったところに蛤御門があります。幕末に起きた蛤御門の変(禁門の変)で知られています。

711_2
(凹んで白くなっているのが、当時の弾痕といわれています)

ーーーーーーーーーー

天明8年(1788年)の京都大火で御所が焼けたとき、めったに開かなかったこの門が開いたので、ハマグリのように焼かれて開く門蛤御門と名づけられたそうです。それまでは新在家御門と呼ばれていました。いきさつはともかく、語呂の良い「はまぐりごもん」という言い方が好きです。

713_2

↑ボカシ過ぎかな? うちのお年寄り(笑)

« (その98)お初天神 | トップページ | (その100)おめでたい話(十度目)…招き猫 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (その99)蛤御門:

« (その98)お初天神 | トップページ | (その100)おめでたい話(十度目)…招き猫 »