« 迚も とても… | トップページ | 年の瀬に風邪をひいてお医者さんに行った話 »

2011年12月29日 (木曜日)

「しぼむ」と「すぼむ(つぼむ)」に関する一考察

しぼむすぼむつぼむの違いについて。

ーーーーーーーーーー

1、パソコンでしぼむを変換すると(萎む凋む)が出てきます。漢和辞典でを引くとなえる、しぼむ、しおれる、ちぢむ…」とあります。(例)委縮。 「を引くとしぼむ、草木がしおれる、弱る…」とあります。ちなみに「冫」の部分は氷をあらわしているそうです。(例)凋落。 このことから、

しぼむ(萎む・凋む)いったん膨らんだものが小さくなる

って感じでしょうか。

2、次にすぼむつぼむを変換すると(窄む)が出ます。漢和辞典でを引くとせまい、せばまる…」とあります。(例)狭窄。 なので、

すぼむ・つぼむ(窄む)現在のものから先細り

って感じでしょうか。

3、では具体的な使用例を挙げてみましょう。

①、「○夢がしぼむ」、「×夢がすぼむ

→夢というのはいったんは膨らむものです。膨らんだものが小さくなるので○しぼむでいいですね。

②、「○(裾の)すぼんだズボン」、「×(裾の)しぼんだズボン

→ズボンはその形から、先細りをあらわす○すぼむで問題ないですね。

③、「○風船がしぼむ」、「○風船がすぼむ

→あれ? どちらも○がつきました。風船は膨らむものですから、本来はしぼむはずです。なのにすぼむと言ってもそれほど違和感はないのはどうしてでしょう?

ーーーーー

というわけで、この使い分け、ちとビミョーです。他にも用例はあるのでしょうが、今回の考察はここまでです。…あらら、尻すぼみの記事になってしまいました。

【124】

« 迚も とても… | トップページ | 年の瀬に風邪をひいてお医者さんに行った話 »

知りたい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「しぼむ」と「すぼむ(つぼむ)」に関する一考察:

« 迚も とても… | トップページ | 年の瀬に風邪をひいてお医者さんに行った話 »