« 春たちける日よめる 紀貫之 | トップページ | おめでたい話(餞=はなむけ) »

2012年2月 4日 (土曜日)

車折神社のご利益さん

車折神社のご利益さんを探してみました。

1601
三条通り側(南側)の鳥居。車折神社前バス停を降りてすぐに参道があります。本殿のほかに、いくつかのご利益さんを見つけました。以下、紹介してみます。

ーーーーーーーーーー

水神社

1602

由緒書きによれば、ご祭神(清原業頼公=清原氏)の家系が桂川の治水を任されていたとのこと。この付近、かつては洪水も多かったようです。水神社とは本来、治水を願ってのことでしょうが、水商売に通じるとのことで信仰を集めています。お社の下は昔の井戸のような気がしました。

ーーーーー

愛宕神社

1603

水神社の真向かいに鎮座しておられました。愛宕信仰は火伏せ(ひのようじん)の神様ですから、水神社と通じるものがあるのでしょう。

ーーーーー

清少納言霊社

1604

突然清少納言を祀ってある社が出てきて、ちょっとびっくりしました。清少納言といえば枕草子。枕草子といえば随筆。随筆といえば芸能。というわけで、次に紹介する芸能神社との連想でしょうか。もっとも清少納言は清原一族といわれていますので、清原氏を祀ってある車折神社ゆえなのかもしれません。

ーーーーー

芸能神社

1605

車折さんをたずねる人で、芸能神社におまいりするのを目的にされている方は多いと思います。近くに太秦映画村があり、玉垣に書かれている芸能人の名前を見ていくだけでも結構楽しいです。ブログ書きも芸の一種です(笑)

ーーーーー

清めの社&祈念神石

1606_2
そして車折神社は「」にご縁があります。

1607

祈念神石を授かり、願いを込めます。願いが叶ったら小さな石を拾ってきてお礼の奉納をします。

1608_3

本殿の前に積み上げられた「お礼」の石。

1609

今回はほととんぼさんも小石を用意してきました。特に苦情もなくここまでブログを続けてこられたお礼です(笑) 石の裏側に名前だけ書いておきました。

ーーーーーーーーーー

車折さんはこじんまりした境内ですが、ここに紹介した以外にもいろいろなご利益さん・パワースポットがあります。初詣・一陽来復・祈念神石・芸能神社のほか、夏越の祓などほととんぼさんのお気に入り神社です。機会があれば、また紹介したいと思います。

【161】

« 春たちける日よめる 紀貫之 | トップページ | おめでたい話(餞=はなむけ) »

ご利益さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車折神社のご利益さん:

« 春たちける日よめる 紀貫之 | トップページ | おめでたい話(餞=はなむけ) »