« 拵える | トップページ | 車折神社のご利益さん »

2012年2月 3日 (金曜日)

春たちける日よめる 紀貫之

【袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらん】

(古今集春歌上)

ーーーーーーーーーー

紀貫之が立春に詠んだというこの歌が好きです。

正岡子規は再び歌よみに与ふる書で、「貫之は下手な歌よみにて『古今集』はくだらぬ集に有之候。…」と書いていますが、そうは思いません。まずは勝手に解釈してみます。

『(去年の夏に)袖を濡らしながら両手にすくい取った水が(冬の寒さで)凍っていたのを、立春の今日の風が解かしているだろうか』

この歌、一首の中に「」「」「」のスリーシーズンが詠み込まれていることでも知られています。意訳してみればたしかに、「つまらない、まわりくどい言い方をするものだ」と、だれでも感じることでしょう。しかしそう思うのは、これがであることを忘れています。歌というのは、意味内容が単純で、作りもので、陳腐であっても、音楽の部分がすぐれているかどうかが問題です。要するに「調べ」が重要です。

それがもっともよくあらわれているのが、「はるたつきょうのかぜやとくらん」です。萩原朔太郎をまねてローマ字で書いてみれば 【hruttsuyouno kzeytouram】 となり、a音k音の繰り返しがこころよいのです。そこに「春がやってきたなぁ、これからいい季節になるなぁ」という、どこかふわーっとした言葉の余韻立春の感慨が表現されており、貫之の心はそこにあります。たとえ観念的・理屈であれ、歌というのは調べ・音感が命です。

その点、古今集や芭蕉はすぐれています。私は正岡子規は偉大な人だと思いますが、歌の調べを評価していないのが残念です。古今集や芭蕉が長年にわたってお手本とされてきたのは、調べがすばらしいからです。そこに日本語の美しさを見出すことができます。

注:「袖ひちて」の「ひちて(ひつ)」は、今の言い方で言うと「浸す(ひたす)」です。「お櫃(おひつ)」も同系列の言葉のようです。

(ほととんぼは国語に通じているわけではありません。立春を迎えるにあたって、この歌を何度も何度も口ずさんでいるうちに、記事にしてみたくなった次第です。あくまでも勝手な鑑賞です(笑))

【160】

« 拵える | トップページ | 車折神社のご利益さん »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

>nagoyanaikaさん
勝手な鑑賞ですが、コメントをありがとうございます。励みになります(笑) よろしかったらまた訪問してやってください。

初めまして。待ちに待った春ですね。何十年も前から、記憶に残っています。おっしゃるような、調べ音感もいいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春たちける日よめる 紀貫之:

« 拵える | トップページ | 車折神社のご利益さん »