« 茶畠に入日しづもる在所かな(芥川龍之介) | トップページ | 第三十回 春の古書大即売会 »

2012年4月30日 (月曜日)

「はたけ(畑)」と「はたけ(畠)」、そして「ホ(圃)」。

、どちらも「はたけ」ですが、どう違うのでしょうか? 疑問に思ったので調べてみました。

 

ーーーーーーーーーー

●畑(はた・はたけ)+火で焼いた「田」(焼畑)

 

●畠(はた・はたけ)+白く乾いた土の「田」

 

両方とも、日本で作られた国字です。では、漢字には同じ意味の字はないのか? と思って、さらに調べてみると、

 

●圃(ホ)野菜を植える「畑」

 

という字がありました。

 

論語の子路篇に『子曰、吾不如老』(しいわく、われはろうほにしかず)という一文があり、は、野菜畑あるいは園芸と解釈されています。ただ、もともと中国では、日本で言うところの田畑を総称して「」といったのだそうです。

 

【247】

« 茶畠に入日しづもる在所かな(芥川龍之介) | トップページ | 第三十回 春の古書大即売会 »

知りたい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「はたけ(畑)」と「はたけ(畠)」、そして「ホ(圃)」。:

« 茶畠に入日しづもる在所かな(芥川龍之介) | トップページ | 第三十回 春の古書大即売会 »