« 「文学の常識」(中野好夫著)を読んで | トップページ | 「島原大門」は島原の出口だった!? »

2012年5月14日 (月曜日)

建部大社のご利益さん

滋賀県、瀬田の唐橋からほど近いところにある建部大社におまいりする機会がありました。

2611

ーーーーーーーーーー

建部大社のご祭神はヤマトタケルノミコト(日本武尊・倭健命)です。日本書紀には父親の景行天皇が建部氏を創設したことになっていますが、要するにヤマトタケルノミコトの一族に関係している神社ということで、建部大社というのでしょう。

2615(左奥が本殿です)

ーーーーー

ご利益さんを探してみました。

1、まず、本殿の脇を固めるように摂社として、ヤマトタケルノミコトの一族・家臣のお社が並んでいます。合計八社あるのは、末広がりで縁起がいいためだと思われます。

2616(本殿向かって左側に4社)

2617(本殿向かって右側に4社)

ーーーーー

2、ご神木として大きな三本杉がありました。この場所に移した際、一夜にして成長したとの由。たしかにスクスクと育っています。

2613_2

ーーーーー

3、神馬(白馬)の像がありました。うちのお年寄りが午(ウマ)年なもので、記念撮影させていただきました。

2614_2

ーーーーー

このほかにもいくつかのご利益さんがありましたが、この神社で一番印象深かったのは、境内(神域)の清潔さです。参道から社殿まで、とてもよく清掃されていることに驚きました。全体に“キリッ”と引きしまっていて、とてもおごそかな雰囲気でした。

2618(参道から神門を望む)

【261】

« 「文学の常識」(中野好夫著)を読んで | トップページ | 「島原大門」は島原の出口だった!? »

ご利益さん」カテゴリの記事

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建部大社のご利益さん:

« 「文学の常識」(中野好夫著)を読んで | トップページ | 「島原大門」は島原の出口だった!? »