« 親にらむひらめをふまん潮干かな(其角) | トップページ | いとせめて恋しき時はむばたまの夜の衣を返してぞきる(夢の話1) »

2012年6月12日 (火曜日)

世情と世上と世常(世の常)の違い

Photo
加藤楸邨の書いた「芭蕉秀句」の『旅寝して見しや浮世の煤掃』の解説文に「世常」という言葉を見つけました。曰く、

『この句ではっきり対照的に置かれたのが、旅寝のわが身と、煤掃をする世常の世界とである…』

読んだ私は、「あれ? これって世情ではないのか。いや、世上だっけ? 世の常ならわかるけれども、普通、世常とは言わないと思うけどなぁ…」

そこで、世情世上世常の違いを調べてみました。

ーーーーーーーーーー

辞書を引くと、

●せじょう【世上】(その人が現在、その中に住んでいる)世の中。「世上(=現在、世の中に)行われている風説」

●せじょう【世情】裏もある、複雑な人間社会の事情。「世情に通じている」

やはり世常の項はありませんでした。かわりに世の常を挙げてみます。

●よのつね【世の常】①世の習い。②世間に普通に見られる(行われている)物事。「世の常の人間ならば」

ーーーーー

三つの言い方の違いを見てみると、世上とは単純に「世の中」の意味で、世情には、文字通り「人情の要素」がこめられているようです。そして、世の常となると「人間の行為・営み」を言う言葉のような感じがします。

で、加藤楸邨の解説文ですが、芭蕉の句に「浮世」とありますから、単純に世の常を縮めて世常と書いているだけですね。考えてみれば、なんでもないことでした。ちなみに世常を逆にした常世(とこよ)になると、全く意味が違ってしまいます。

●とこよ【常世】①永久に変わらないこと。②常世の国の略。【常世の国】①遠く隔たった所に在ると考えられた(不老不死の)国。②よみじ。黄泉(こうせん)

要するにあの世のことです。

※参考:加藤楸邨著「芭蕉秀句上」(角川新書)、新明解国語辞典(三省堂)

【290】

« 親にらむひらめをふまん潮干かな(其角) | トップページ | いとせめて恋しき時はむばたまの夜の衣を返してぞきる(夢の話1) »

知りたい!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世情と世上と世常(世の常)の違い:

« 親にらむひらめをふまん潮干かな(其角) | トップページ | いとせめて恋しき時はむばたまの夜の衣を返してぞきる(夢の話1) »