« おめでたい話(ふた) | トップページ | 滾る 沸る »

2012年6月25日 (月曜日)

北野天満宮で夏越祓

北野天満宮では6月25日の「天神さん」に茅の輪くぐり(夏越祓)ができると聞き、月次のおまいりを兼ねてやってきました。

30310
ーーーーーーーーーー

今出川通から参道の縁日を抜けると楼門です。ここに茅の輪があるはず…と、

3032
茅の輪の上の部分だけが残っていました。あれ? どうして輪じゃないの? と近づいてみれば、

30311
大勢のみなさんがバラバラになった茅を集めておられます。聞けば、小さな茅の輪を作って持ち帰るとのこと。われわれが行ったのは午後の早い時間でしたが、すでにかなり持ち去られてしまったものと思われます。

ーーーーー

3038_2
でも、本殿の前にもうひとつの茅の輪がありました。あ~、よかった。こちらはくぐる人が順番待ちの列を作っています。

3039
横の看板にくぐり方が書いてあり、左・右・左と3回くぐるようです。『みな月のなごしの祓いする人は千歳の命のぶるといふなり』という拾遺集の題知らず、読み人知らずの歌と、『蘇民将来、蘇民将来』というまじないの言葉を唱えながらくぐるのは、先日「夏越祓について(知識編)」で書いた作法とほぼ同じでした。

ーーーーー

北野天満宮では、御誕辰祭 大茅の輪くぐりとして25日の縁日に行っておられますが、茅の輪くぐりは、他神社と同様に30日にも実施されるそうです。夏越の大祓の行事も30日に行われるとのことでした。

また、学問の神様の菅原道真をおまつりしていることもあって、茅の輪は智の輪とも解釈され、智恵をいただこうと茅を持ちかえる方が多いのだそうです。楼門の茅の輪がバラバラになっていたのは、そのせいだったのですね。KBS京都のニュース記事によると、北野天満宮では、「ご利益はないので、持ち帰らないように」と呼びかけています とのことです。たしかにそうですね。くぐるべき茅の輪がなくなっていては、後から来る人ががっかりしてしまいます。

3036
最後に、例の大黒様の頭にも、どなたかの手によって茅の輪がかけられていました。

どうぞご利益がありますように…(笑)

【303】

3038

« おめでたい話(ふた) | トップページ | 滾る 沸る »

ご利益さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北野天満宮で夏越祓:

« おめでたい話(ふた) | トップページ | 滾る 沸る »