« 長い睫毛(まつげ)の話。 | トップページ | 故有之以為利 無之以為用(老子) »

2012年9月28日 (金曜日)

大覚寺「観月の夕べ」

2012年仲秋の名月は9月30日。

嵯峨の大覚寺では28(金)~30日(日)の3日間、「観月の夕べ」イベントを実施しているというので、これ幸いと、好天のうちに一足早いお月見を楽しみました。

39813
2012年9月28日(金)夜、京都の空は雲一つない好天でした。午後6時30分すぎに大覚寺到着。すでに辺りは暗く、多くの人で賑わっていました。拝観料を払ってライトアップされた道の小さな門をくぐると、すぐに大沢ノ池のほとりに出ます。

3982
きれいなお月さまだね。来てよかった!」という歓声があちらこちらから聞こえてきます。京言葉(関西弁)ではない方が多く、どうやら全国各地から参拝の方が来られているようです。大覚寺の人気のほどがうかがえます。

3983
満月の二日前とはいうものの、お月さまはほぼまんまるでした。思わず芭蕉の句が口をついて出ました。

名月や池をめぐりて夜もすがら

大沢ノ池を埋め尽くしているのは蓮の葉です。夜間なので、いささか異様な印象を与えます。ちなみに「観月の夕べ」は午後5時~午後9時(受付は8時30分)までです。夜もすがらというわけにはいきません(笑)

3984
境内の模擬店(売店)で月見だんごを買って、お月さまに捧げてみました。このだんご、思った以上においしかったです。しばし舌鼓を打たせていただきました。まさに「花より団子」…じゃなくて、「月より団子」でした(笑)

3985
大沢ノ池にしつらえられた祭壇では、なにやら儀式が行われています。われわれは地元の人間なので今回は舟に乗っての観月をパスしましたが、池畔には順番待ちの長い列ができていました。

39811

池の横には、野菜のお供え物がありました。そういえば仲秋の名月は「芋名月」ともいいます。芋だけでなく、多くの野菜が供えてありました。

ーーーーー

3986
観月の夕べ」では、お月見だけでなく、昼間と同様にお堂内部も拝観できます。堂内は渡り廊下が多く、ひとまわりするのに結構時間がかかりました。弘法大師嵯峨天皇ゆかりの仏間、彫像などがあります。残念ながら写真撮影禁止です。

3987
休憩スペースで、入場時にもらったパンフレットをあらためて見てみると、スタンプラリー用紙が入ってました。「これは見逃せない!」と、スタンプポイントを確認しました。

3989

スタンプポイントは計3か所でした。お堂内で2か所と、模擬店横に1か所。

39812

スタンプをすべて押して簡単なアンケートを記入し、出口手前のゴール地点に向かいます。

39810

お守りをいただきました。ありがとうございました。m(_ _)m

ーーーーー

このほか、境内ではコンサートが行われ、お土産の売店などもありました。大覚寺へは何度か訪れていますが「観月の夕べ」は初めてです。滞在約1時間半。すてきな雰囲気の中、きれいなお月さまを堪能できました。この上は、いただいたお守りのご利益があれば言うことなしですね(笑)

【398】

« 長い睫毛(まつげ)の話。 | トップページ | 故有之以為利 無之以為用(老子) »

ご利益さん」カテゴリの記事

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大覚寺「観月の夕べ」:

« 長い睫毛(まつげ)の話。 | トップページ | 故有之以為利 無之以為用(老子) »