« 負まじき角力を寝ものがたり哉(蕪村) | トップページ | 四五人に月落ちかかるおどり哉(蕪村) »

2012年9月 4日 (火曜日)

夫人必自侮 然後人悔之(孟子)

孟子の離婁(りろう)章句にある有名な言葉について考えてみます。

夫レ人必ズ自ラ侮リテシカルノチ人コレヲ侮ル

(それ、ひとかならずみずからあなどりて、しかるのち、ひとこれをあなどる)

意訳:人は(侮られるときは)必ず、まず自分自身を軽んじて侮る。そののち、他人に侮られる。

ーーーーーーーーーー

『たしかにそうだな。自分にはできない、無理だ、ダメ人間だ…と、そういう弱気なときに限って、仕事に失敗したり勝負に負けたりする。次第に人から侮られるようになる。だから、自分自身の精神力を高めて、プライドを持って事に当たらなければならない。自らを恃む心、自恃心(じじしん)ってやつ。そして、絶対に勝つ、やればできるという強い意志が必要だ。すると、言動に責任が生まれ、自信につながる。

でも、ちょっと待てよ。そもそも「あなどる」ってどういうこと? 人をバカにすること? それって、イジメじゃないのか? イジメは、まずイジメられる側に問題があるってことか? う~ん、それは違うだろう。イジメられる側に、一方的に問題があるとは、とても思えない。

それに、侮られないようにするため、無理に自分を大きく見せたり、体裁をつくろったりするのもおかしい。それならば、ただの見栄っぱり、偽りの表現に過ぎない。実力以上の力は出ないのも、また事実だ。

最近よく聞く言葉に Win-Winというのがある。普通は Win-Loseで、こっちが勝てば向こうが負け、向こうが勝てばこっちは負けだけど、Win-Winは、私も勝ち、相手も勝ち。私も幸せ、相手も幸せ。という意味らしい。

これはスポーツの世界ではありえないけど、商売や仕事上の人間関係においては理想とすべきだ。そのためには、決して妥協ではなく、お互いの利益を求めて、納得するまで交渉を繰り返さないといけない。前提としては、相手への偏見をなくすことだ。

論語に、

子曰、晏平仲善與人交、久而敬之

(子曰く、晏平仲、善く人と交わる。久しくして之を敬す(公冶長篇))

意訳:孔子(先生)がおっしゃった。晏平仲は人と交際するのが上手だった。長いつきあいの相手にも、いつも敬意を持って接せられた。

というのがある。交渉事において、相手に侮られないようにするためには、まずはこちらから、相手を尊重・尊敬(respect)する気持ちが大切なのではないか。スタートラインはそこにあると思う』

【374】

« 負まじき角力を寝ものがたり哉(蕪村) | トップページ | 四五人に月落ちかかるおどり哉(蕪村) »

古典より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夫人必自侮 然後人悔之(孟子):

« 負まじき角力を寝ものがたり哉(蕪村) | トップページ | 四五人に月落ちかかるおどり哉(蕪村) »