« 「・・・。」 な話。 | トップページ | 歳月不待人(陶淵明) »

2012年9月12日 (水曜日)

九月十日&九月十五日(菅原道真)

菅原道真菅公)が大宰府の配所で詠んだといわれる、日付入りの漢詩を二首鑑賞します。

九月十日九月十五日(ただし旧暦)です。

3823(北野天満宮)
ーーーーーーーーーー

九月十日(くがつとおか)

去年今夜侍清涼(きょねんのこんやせいりょうにじす)

愁思詩篇独断腸(しゅうしのしへんひとりだんちょう)

恩賜御衣今在此(おんしのぎょいいまここにあり)

捧持毎日拝余香(ほうじしてまいにちよこうをはいす)

意訳:思えば去年の今夜は清涼殿で帝のおそばにお仕えしておりました。「愁思」という題で詩を作ってほめていただいたのも、(配所で過ごす)いまとなっては断腸の思いです。そのとき賜りました恩賜の御衣はいまもここにあります。こうして捧げ持って、毎日余香を拝しております。

大鏡によれば、都でこの詩を聞いた人々は、いたく感動したとあります。われわれ現代人にとっても、菅公が無実の罪で流罪になったことを知ってこの歌を鑑賞すれば、同情の心を禁じ得ません。菅公にはまた次のような詩もあります。

ーーーーー

秋夜 九月十五日(しゅうや くがつじゅうごにち)

黄萎顔色白霜頭(きにしぼむがんしょくしろきしものこうべ)

況復千餘里外投(いわんやまたせんよりがいにとうぜらるるをや)

昔被栄花簪組縛(むかしはえいがをこうむりしんそにしばられ)

今為貶謫草萊囚(いまはへんたくとなってそうらいのしゅうたり)

月光似鏡無明罪(げっこうはかがみににたるもつみをあきらかにするなく)

風気如刀不破愁(ふうきはたちのごとくなるもうれいをやぶらず)

隨見隨聞皆惨慄(みるにしたがいきくにしたがいてみなさんりつ)

此秋独作我身秋(このあきはひとりわがみのあきとなる)

意訳:顔色は黄色、まるで霜がおりたのような白い髪の毛。それもそのはず、都を遠く離れた配所にいるのだから。昔は冠と簪(かんざし)をつけた華やかな身の上だった。今は流罪に貶められた雑草のとらわれ人だ。今宵十五夜の月は鏡に似ているけれど、罪を晴らしてはくれない。今宵吹く風は太刀のごとくに鋭いけれど、愁いを晴らしてはくれない。見るもの聞くもの、皆、心がいたむ。(あぁ)この秋の日々は、ひとり我が身にだけ降りかかるのだ。

ーーーーー

菅公が大宰府に左遷されたのが延喜元年(901年)の一月で、これらの詩はその年の九月に詠んだとされています。そして一年半後の延喜三年(903年)二月に、悲しみと恨みとを含んだまま、かの地でお亡くなりになりました。

3822

現在の北野天満宮境内のなで牛さんは、そんな菅公の心をよそに、無邪気なお顔立ちです。合掌。

【382】

« 「・・・。」 な話。 | トップページ | 歳月不待人(陶淵明) »

季節の話題」カテゴリの記事

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九月十日&九月十五日(菅原道真):

« 「・・・。」 な話。 | トップページ | 歳月不待人(陶淵明) »