« 梨食ふと目鼻片づけこの乙女(加藤楸邨) | トップページ | 修行者の径にめづるききゃうかな(蕪村) »

2012年9月19日 (水曜日)

うき友にかまれてねこの空ながめ(去来)

3891_2

ネコが首を上げて何かを見つめています。芭蕉の弟子向井去来のネコの句を思い出しました。
ーーーーーーーーーー

うき友にかまれてねこの空ながめ

(うきともにかまれてねこのそらながめ)

意訳:好きなネコから噛みつかれて冷たくされたネコが、ぼんやりと空を眺めてることだなぁ。

「うき友」というのは、つれない恋人のことです。人間だったら「うき人」なのでしょうが、ネコのことなので「うき友」と表現したようです。要するにネコが振られて呆然としている様子です。

3894_2

とはいえ、眺めているのは空ではなく家の天井です。 実は家の中にが入ってきたのを不思議そうに見つめているのでした。

3895_3

壁をよじ登ることもできず…

3893

抱っこされても天井が気になっていましたが…

3892

いつのまにか蛾はどこかへいってしまいました(笑) このネコ、名前をミルクといいます。なかなか愛嬌のあるネコです。

【389】

3895

3894

3895_2

« 梨食ふと目鼻片づけこの乙女(加藤楸邨) | トップページ | 修行者の径にめづるききゃうかな(蕪村) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うき友にかまれてねこの空ながめ(去来):

« 梨食ふと目鼻片づけこの乙女(加藤楸邨) | トップページ | 修行者の径にめづるききゃうかな(蕪村) »