« 砂の如き雲流れ行く朝の秋(子規) | トップページ | 第12回四天王寺「秋の大古本祭」 »

2012年10月 3日 (水曜日)

静夜思(李白)

李白の五言絶句『静夜思』を鑑賞します。

ーーーーーーーーーー

牀前看月光(しょうぜんげっこうをみる)

疑是地上霜(うたごうらくはこれちじょうのしもかと)

挙頭望山月(こうべをあげてさんげつをのぞみ)

低頭思故郷(こうべをたれてこきょうをおもう)

意訳:寝室に月の光がさしこんでいる。もしかして今夜は霜が降りたのかと思う。・・・頭を上げて山上の月を見、頭を下げて故郷を思う。

解説本でもネットでも、この詩を絶賛する人が絶えません。谷崎潤一郎の文章読本の解説は、私も読んで感激しました。もう、鑑賞し尽くされているかと思うのですが、それでもブログに何か書いておきたくなる詩のひとつです。

牀前月光を看る、疑うらくは是れ地上の霜かと

このリズム、すばらしいです。李白が対峙している静夜の風景が目に浮かびます。次の三・四句の対句の前に、ちょっとした間(ま)があるんですね。作者は、寝床にさしこむ月光の美しさに、まるで霜かと思った・・・呆然として視線が定まらない・・・と次の瞬間、ハッとします。

頭を挙げて山月を望み、頭を低れて故郷を思う

この展開力! 表現力! 言うならば明と暗、動と静、陽と陰、剛と柔、強と弱、表と裏、前と後、そして上と下。まさに韻文です。声に出してつぶやけば、思わずアタマを上げたり下げたりしてしまいます。万人共通の詩心を、単純な言葉に集約しています。李白の詩の真骨頂です。

ーーーーー

牀前月光を看る

疑うらくは是れ地上の霜かと

頭を挙げて山月を望み

頭を低れて故郷を思う

【403】

« 砂の如き雲流れ行く朝の秋(子規) | トップページ | 第12回四天王寺「秋の大古本祭」 »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静夜思(李白):

« 砂の如き雲流れ行く朝の秋(子規) | トップページ | 第12回四天王寺「秋の大古本祭」 »