« 第90回 秋の京大寄席 | トップページ | 漱石の漢詩「無題」(明治43年9月29日作) »

2012年10月15日 (月曜日)

をりとりてはらりとおもきすすきかな(飯田蛇笏)

4152_2

飯田蛇笏の句

をりとりてはらりとおもきすすきかな

を鑑賞します。

ーーーーーーーーーー

この句を耳にした瞬間、ハッとさせるものがあります。秋も深まり、ちょっと郊外に出れば、風に揺らめくススキをよく見かけます。それをはらりとおもきと言われてみれば、「なるほど。うまく言ったものだ」と、えも言われぬ感動に浸ります。実際は折り取った経験などなくても…です(笑) このあたり、春夏秋冬を実感し、季節感を大切にする日本人ならではの感覚なのでしょう。ひらがなで書かれていることも効果的です。オシャレな名句です。

4153_3

さて、たまたま見かけた道端のススキ。折り取ってみようかと思いましたが、自然保護の観点からなんとなくイヤな感じがしたので、結局写真に収めるだけにしました。ススキを漢字で書くと「芒」と「薄」の二文字あります。元来は「芒」と書くようで、「薄」のほうは日本独自の読み方なのだそうです。

【415】

« 第90回 秋の京大寄席 | トップページ | 漱石の漢詩「無題」(明治43年9月29日作) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: をりとりてはらりとおもきすすきかな(飯田蛇笏):

« 第90回 秋の京大寄席 | トップページ | 漱石の漢詩「無題」(明治43年9月29日作) »