« をりとりてはらりとおもきすすきかな(飯田蛇笏) | トップページ | 風吹けば沖つ白波龍田山夜半にや君がひとり越ゆらむ(伊勢物語) »

2012年10月16日 (火曜日)

漱石の漢詩「無題」(明治43年9月29日作)

夏目漱石の漢詩を鑑賞します。

ーーーーーーーーーー

【無題】

仰臥人如啞(ぎょうがひとあのごとし)

黙然見大空(もくぜんたいくうをみる)

大空雲不動(たいくうくもうごかず)

終日杳相同(しゅうじつはるかにあいおなじ)

意訳:仰向けに寝て、啞のように黙っていた。黙っていても大空が見えた。大空の雲は動かなかった。雲と私は、終日一緒であった。

漱石詩には無題のものが多くありますが、この詩は、明治43年9月29日の作です。直前の8月24日に療養中の修善寺で大吐血し、寝たきり状態を詠んだ作品です。「思ひ出す事など」の20章に当時の思い出とともにこの詩が記されています。詩の背景を一部引用してみます。

何事もない、また何物もないこの大空は、その静かな影を傾けてことごとく余の心に映じた。そうして余の心にも何事もなかった。また何物もなかった。透明な二つのものがぴたりと合った。合って自分に残るのは、縹緲とでも形容してよい気分であった

※縹緲(ひょうびょう)=はてしなく広いさま。かすかではっきりしないさま。

詩の言わんとすることは、要するにボーッとして何も考えられず、一日中空を眺めていたということです。さもあろう、大量に吐血して生死のあいだをさまよっていたのですから。

それにしても、さすがに漱石。引用した部分だけでなく「思ひ出す事など」の、どこを切り取って抜き出してもサマになっています。20章は、ドストエフスキーの癲癇発作時の歓喜の話から書き始め、自分も同じような恍惚の精神状態になったが、自分のそれは単に貧血の結果だったと、落語のオチのような書きかたですが、流れるような名文です。

4161

【416】

« をりとりてはらりとおもきすすきかな(飯田蛇笏) | トップページ | 風吹けば沖つ白波龍田山夜半にや君がひとり越ゆらむ(伊勢物語) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漱石の漢詩「無題」(明治43年9月29日作):

« をりとりてはらりとおもきすすきかな(飯田蛇笏) | トップページ | 風吹けば沖つ白波龍田山夜半にや君がひとり越ゆらむ(伊勢物語) »