« 「かけことば」と「なぞかけ」 | トップページ | 飲酒 其五 (陶淵明) »

2012年10月11日 (木曜日)

木賊と烏賊(「ゾク」つながり)

木賊と書いてトクサと読みますが、どうしてでしょうか?

4111

ーーーーーーーーーー

トクサというのは鑑賞用としても知られる多年草です。茎に多くケイ酸を含み、かつては研磨材に使われていました。砥ぐ草だからトクサ(砥草)で、木賊という漢字をあてるのは、漢語でトクサを木賊を書くからです。本来「モクゾク」と読んでしかるべきですが、もともとトクサと呼んでいたためのあて字です。

「賊」つながりで烏賊(イカ)が思い出されます。海に飛び込んでイカを食べようとしたカラスが、逆に巻きつかれて死んでしまうという言い伝えが中国にあり、カラス(烏)にとってイカは賊なので、中国ではイカを烏賊(ウゾク)と呼びます。それに、日本ではイカという読みをあてたのです。

その例でいけば、トクサは木にとっての賊ということになります。木を砥ぐからでしょうか? 木材を加工する際、サンドペーパーのように使っていると、

「うわっ、トクサで砥がれてしまうぞ。(ゾクゾクッと身ぶるいして…)これは大変だ!」

と、木が悲鳴を上げるのでしょうか。そう考えると、たしかにトクサは木の天敵、まさしくゾクです(笑)

4112(木賊)

【411】

« 「かけことば」と「なぞかけ」 | トップページ | 飲酒 其五 (陶淵明) »

知りたい!」カテゴリの記事

へたな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木賊と烏賊(「ゾク」つながり):

« 「かけことば」と「なぞかけ」 | トップページ | 飲酒 其五 (陶淵明) »