« 登幽州台歌(陳子昂) | トップページ | 御土居の紅葉2012(北野天満宮) »

2012年11月29日 (木曜日)

去年より又さびしいぞ秋の暮(蕪村)

老懐

去年より又さびしいぞ秋の暮】(蕪村)

を鑑賞します。

ーーーーーーーーーー

(意訳)

年老いた感慨

今年の秋の暮は去年よりまた一段と寂しいことであるよ。

友人が亡くなったとか、足腰が衰えた、体力がなくなったとか、いろいろな理由はあるでしょう。要するに、年とったなぁってことです。蕪村にはまた、

さびしさのうれしくも有秋のくれ

の句もあります。こちらは「寂しさが時には心の支えとなることもある。さびしい秋の暮がなければ味気ない」との意味でしょうか。さびしい心って、案外人生を豊かにするのかもしれませんね。

【460】

« 登幽州台歌(陳子昂) | トップページ | 御土居の紅葉2012(北野天満宮) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 去年より又さびしいぞ秋の暮(蕪村):

« 登幽州台歌(陳子昂) | トップページ | 御土居の紅葉2012(北野天満宮) »