« 竹馬やいろはにほへとちりぢりに(久保田万太郎) | トップページ | 人誹る会が立つなり冬籠(一茶) »

2012年12月17日 (月曜日)

斧入て香におどろくや冬木立(蕪村)

蕪村の句

斧入て香におどろくや冬木立】(おのいれてかにおどろくやふゆこだち)

を鑑賞します。

ーーーーーーーーーー

(意訳)葉をすべて落とした冬木立には、もはや生気は感じられぬ。その一本に勢いよく斧を打ち込むと、意外や意外、新鮮な木の香りが漂ってきた。枯れたこの季節にも、木はしっかり生きている。驚くべき生命力だ。

本来、俳句に「驚く」といった感情を直接あらわすような動詞を使うと、余情がなくなって興ざめてしまうものですが、この句に関しては逆に成功しています。耳で聞く「」の音、鼻で嗅ぐ木の「」、そして見渡す「冬木立」と、三感を刺激された中に「驚く」蕪村がたたずんでいます。実際、木に斧を入れるような経験がなくとも、蕪村の興奮は十分に伝わってきます。こういう発見を句にできる蕪村の感性に、むしろわれわれ鑑賞者がおどろきます。

【478】

« 竹馬やいろはにほへとちりぢりに(久保田万太郎) | トップページ | 人誹る会が立つなり冬籠(一茶) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斧入て香におどろくや冬木立(蕪村):

« 竹馬やいろはにほへとちりぢりに(久保田万太郎) | トップページ | 人誹る会が立つなり冬籠(一茶) »