« くんしはぎにさとりしょうじんはりにさとる(論語) | トップページ | うづくまる薬の下の寒さ哉(丈草) »

2012年12月21日 (金曜日)

スピーカーから流れる「本日限り」の声に、思わず買ってしまいました。

第633回全国自治宝くじ。「年末ジャンボ」です。

ーーーーーーーーーー

帰宅途中、京都市内某ターミナルを歩いているとき、「本日限り、本日限り…」と、スピーカーから連呼の声が聞こえてきます。ふと見れば「年末ジャンボ、本日限り」の文字が。横には「当売り場から、出ました1憶円!」とも。

「う~ん、まいったなぁ。心が動くわ。上手に商売しよる」

立ち止まり、すぐに自宅に電話を入れる私。

「年末ジャンボ、今日までや言うたはんねんけど、どうする。買うとく?」

「わざわざ電話してきて何かと思たら、そんなことかいな。そら、買わなしゃぁないのんと違う。買いたいんやったら、買うたらええやん」

「せやな。買わんと当たらへんしな。よっしゃ、ほな連番で10枚いっとくで」

「まぁ、寄付や思とくわ」

…というわけで、家人の許可をもらったのでした。

4821

じゃーん。買った売り場と番号は秘密です。

古川柳に

首くゝり冨の札など持って居る

冨札の引さいてある首くゝり

という、恐ろしくも哀れな句を見つけました。幸いなことにわが家では、首をくくらなければならないほど追い詰められてはいません。しかし買った限りは当たりを願うのが人情ってもの。1等4憶円に前後賞をあわせて6憶円、抽選日は12月31日。もしも6憶円が当たれば、当ブログは今年限りで更新をやめます。もちろん仕事もやめます。

※今日のこの記事、当たってもいないのに「おめでたい話」に分類するのはおかしな話ですが、この際景気づけです(笑)

【482】

« くんしはぎにさとりしょうじんはりにさとる(論語) | トップページ | うづくまる薬の下の寒さ哉(丈草) »

おめでたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« くんしはぎにさとりしょうじんはりにさとる(論語) | トップページ | うづくまる薬の下の寒さ哉(丈草) »