« 孫康映雪 車胤聚蛍(蒙求) | トップページ | 2013北野天満宮初詣。 »

2013年1月 1日 (火曜日)

2013車折神社初詣。「あっさりと春は来にけり浅黄空」(一茶)

2013年元日。初詣に車折神社へ行きました。

4931_3

昨年はお昼頃に着き、鈴振りの長蛇の列に並ばなければならなかったので、今年は時間をずらして、着いたのは午後3時半過ぎでした。

「うん? この人出ならご利益も倍増?」

4932

と思いきや、やはり今年も鈴振りの列が長く伸びていました。われわれは地元の人間なので別に鈴は振らなくてもよさそうなものですが、初詣となるとそうもいきません。一年の計は元旦にあり。たかが鈴振りとはいえ、悔いが残るのもイヤですし。

4933

結局、本殿参拝まで約20分の行列でした(ふぅ)

4935

境内の芸能神社にもそれなりの行列ができていました。おまいりするわれわれも大変ですが、次々と願いごとを投げかけられる神様はもっと大変です。

というわけで、今年最初の詩歌を鑑賞します。

ーーーーー

あっさりと春は来にけり浅黄空(あっさりとはるはきにけりあさぎぞら)

小林一茶七番日記」より、文化十一年(1814年)の歳旦の句です。

あっさりと」と「あさぎぞら」とが頭韻を踏んでいて、いかにも正月気分の明るい句です。一茶にはほかに「元日や上々吉の浅黄空」、「わが春も上々吉よ梅の花」の句があります。

4936

おだやかな日和に恵まれた2013年の元日。上々吉とまでは言わずとも、せめて末吉くらいの一年であってほしいものです。

浅黄空=薄い青色の空。

【493】

« 孫康映雪 車胤聚蛍(蒙求) | トップページ | 2013北野天満宮初詣。 »

ご利益さん」カテゴリの記事

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013車折神社初詣。「あっさりと春は来にけり浅黄空」(一茶):

« 孫康映雪 車胤聚蛍(蒙求) | トップページ | 2013北野天満宮初詣。 »