« 凩の地にもおとさぬしぐれ哉(去来) | トップページ | 葱買て枯木の中を帰りけり(蕪村) »

2013年1月31日 (木曜日)

あたまからふとんかぶればなまこかな(蕪村)

今年の冬は寒いのでしょうか? わが家では、この正月以来家族が順番に風邪をひいて、ただいまはおばあちゃんが寝込んでおります。寝姿を見ていて蕪村の句を思い出し、早く治るようにと、おまじないがわりに教えてあげました。

あたまからふとんかぶればなまこかな

ーーーーーーーーーー

5231

蕪村には、寝姿をナマコにたとえた句がほかにもありました。

大鼾そしればうごく生海鼠哉】(おおいびきそしればうごくなまこかな)

(意訳)横で寝ていて、大いびきがうるさいので文句を言うと、笑っているのか照れているのか、のそのそとナマコのように動いた。

5232

↑写真を撮ったら「もう、いややわ~」と怒られてしましました。まぁ、それなりに元気なので、そのうちに回復することでしょう(笑)

【523】

« 凩の地にもおとさぬしぐれ哉(去来) | トップページ | 葱買て枯木の中を帰りけり(蕪村) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あたまからふとんかぶればなまこかな(蕪村):

« 凩の地にもおとさぬしぐれ哉(去来) | トップページ | 葱買て枯木の中を帰りけり(蕪村) »