« Apple Storeの初売りで「ipad Smart Case」を買いました。 | トップページ | 2013下鴨神社初詣。 »

2013年1月 5日 (土曜日)

有明にふりむきがたき寒さかな(去来)

向井去来の句

有明にふりむきがたき寒さかな】(ありあけにふりむきがたきさむさかな)

を鑑賞します。

ーーーーーーーーーー

今年の冬は平年に比べて寒いそうです。寒い朝に、この句を口ずさみながら首をすくめると厳冬の情趣が増します(笑) 意訳は必要ないですね。「ふりむきがたき」がよく利いています。

この句には「堀川通をさがるとて」との前書きがあります。句意として場所にこだわる必要はありませんが、少しでも去来の心に迫ろうと、とりあえず堀川まで出かけてみました。

4975

↑現在の堀川通。京都では御池通、五条通、堀川通が広い「通り」として知られています。

4973
↑堀川です。最近整備されて、遊歩道になりました。

ーーーーー

さて、京都は「底冷え」するといいます。よく経験することですが、所用で大阪に行き、阪急電車で京都市内の駅(西院~河原町)で下車して地上にでると、乗車時との気温の違いに驚くことがあります。冬は寒さにふるえ、夏は暑さに閉口します。また、同じ京都市内でも、雪の降る日には、今出川通から北は積雪量が増えます。四条通では薄ら積っているだけなのに、2キロほど北の今出川通では5センチ~10センチの積雪なんてこともあります。家人の話では、丸太町通を西へ、常盤で嵐電の踏切を越えると寒さの度合いが違うということです。一口に京都といっても、結構広いです。

4971

丸太町までやってきました。堀川通をさがってきた去来は、いったいどこでこの句を得たのでしょうか? 

ーーーーー

今回、私自身は「ふりむきがたき」までの寒さは感じませんでした。それもそのはずです。私の歩いたのは「有明」ではなく「薄暮」でしたから。月も出てなかったです。さすがにこの記事を書くためだけに早朝からでかけるほどの物好きではありません(苦笑)

【497】

« Apple Storeの初売りで「ipad Smart Case」を買いました。 | トップページ | 2013下鴨神社初詣。 »

季節の話題」カテゴリの記事

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有明にふりむきがたき寒さかな(去来):

« Apple Storeの初売りで「ipad Smart Case」を買いました。 | トップページ | 2013下鴨神社初詣。 »