« いかりをうつさず、あやまちをふたたびせず(論語) | トップページ | 吹きはれてまたふる空や春の雪(炭太祇) »

2013年2月15日 (金曜日)

山深み春とも知らぬ松の戸にたえだえかかる雪の玉水(式子内親王)

新古今集春歌上式子内親王の歌を鑑賞します。

ーーーーー

百首歌たてまつりし時、春の歌

山深み春とも知らぬ松の戸にたえだえかかる雪の玉水

(やまふかみはるともしらぬまつのとにたえだえかかるゆきのたまみず)

(意訳)山深く、春が来たのもわからない山家の松の戸に、玉のような雪解け水がぽたりぽたりと落ちかかっている。

この歌、新古今集を解説した本のほとんどに抜粋されています。

まず、深山~山家~松の戸~玉水と、遠景から近景へズームアップしてくる手法がすぐれています。い山、の松、い雪、そして透明な玉水。移り変わる色を想像することも鑑賞のポイントです。「たえだえかかる」は、意訳すれば「ポタリポタリ」「ポツリポツリ」「ポトポト」 となりますが、そう言ってしまうと下世話に聞こえてしまいます。「雪の玉水」もしかりです。雪解け水の雫(しずく)のことですが、そう言うと余情が半減します。ここは「たえだえかかる雪の玉水」のまま、場面を頭に描かなければなりません。鮮明な言い回しの中に、わかったようでわからない風景を詠んでいるところがいいのです。つまり、前半の「山深み」「松の戸」という具体的なモノの表現と、 後半の「たえだえかかる雪の玉水」の抽象的表現への転換が作者の技巧です。

「客観的」「叙景的」「印象鮮明」「繊細優美」「妖艶な絵画性」…、いくつかの参考書から引いたこの歌の評釈の言葉です。いい歌ですねぇ。淡々とした言葉の連続に、なんとも言えない色気を感じます。ただ、強いて言えば現代人には「松の戸」がちょっとわかりにくい。松の枝や板で作った戸、あるいは松の木のそばの戸、と考えられていますが、今で言えば、戸と言うよりも門だと思います。雪の玉水は門の上に落ちかかっているのでしょう。

この歌は「春の歌」という題詠で、言ってみれば空想の世界を詠んでいます。鑑賞する側も、ひとりひとりが想像に任せて解釈すればいいのです。

【538】

« いかりをうつさず、あやまちをふたたびせず(論語) | トップページ | 吹きはれてまたふる空や春の雪(炭太祇) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« いかりをうつさず、あやまちをふたたびせず(論語) | トップページ | 吹きはれてまたふる空や春の雪(炭太祇) »