« 加茂にわたす橋の多さよ春の風(漱石) | トップページ | 旅人の鼻まだ寒し初ざくら(蕪村) »

2013年3月23日 (土曜日)

近衛邸跡の糸桜(京都御苑内)

京都にも桜の開花宣言が出ました(2013年3月22日) いよいよお花見シーズンだなと思っていると、

「御所の桜はもう満開近しやで」

と、ある人が教えてくれました。

「へぇ、ほんまに」

「そうやで。近衛桜いうて、だいたい早咲きやな。烏丸今出川から御苑に入ったらすぐわかるわ。御所の北側、池の横や」

なんでも京都御苑内の近衛邸跡に咲く桜なのだそうです。京都市内に住んでいながら、これまで知らなかったので、さっそくいそいそと出かけました。すると・・・、

ーーーーーーーーーー

5741

5742

5743_2

5744_3

という印象でした。満開近しというか、もはや満開です。

※写真の字が次第に小さくなっているのは、このフレーズどこかで聞いたかな? と思い、つぶやいているうちに恥ずかしくなってきたからです(笑)

ーーーーー

さて、近衛邸跡に立て札があり、この桜の由緒とともに、孝明天皇御製の歌が書いてありました。せっかくですので鑑賞してみます。

昔より名にはきけども今日みればむべめかれせぬ糸さくらかな

意訳:(この近衛邸の桜は)以前から美しい桜だと聞いていたが、今日こうして見てみると、なるほど目の離せない、見飽きない糸桜であることよ。

わかりにくいのは「めかれせぬ」です。これはたぶん「目離れせぬ」で、目が離せない、飽きることがないという意味だと思います。それさえ読み解けば解釈は簡単で、初めて見た近衛邸の桜の素朴な印象を述べた歌です。歌であれ俳句であれ、作品には必ず作者の性格があらわれます。孝明天皇は素直で正直な方だったことがうかがえます。ただ、表現力はイマイチですね。三句目の「今日みれば」が不要というか、もうひとつパッとしません。 

5745

それにしても、孝明天皇がこの歌を詠んだと思われる幕末から約150年。近衛邸には「跡」の文字がつけられて、当時の風景は想像もできませんが、糸桜だけは今年も見事に咲き誇っていることに感動しました。

【574】

« 加茂にわたす橋の多さよ春の風(漱石) | トップページ | 旅人の鼻まだ寒し初ざくら(蕪村) »

季節の話題」カテゴリの記事

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近衛邸跡の糸桜(京都御苑内):

« 加茂にわたす橋の多さよ春の風(漱石) | トップページ | 旅人の鼻まだ寒し初ざくら(蕪村) »