« はるさめのこしたにつたふしみずかな(芭蕉) | トップページ | 春の暮家路に遠き人ばかり(蕪村) »

2013年4月26日 (金曜日)

幾たびか辛酸を歴て志始めて堅し(西郷隆盛)

西郷隆盛の漢詩「偶成」を鑑賞します。

ーーーーーーーーーー

幾歴辛酸志始堅(いくたびかしんさんをへて こころざしはじめてかたし)

丈夫玉砕恥甎全(じょうふはぎょくさいすとも せんぜんをはず)

一家遺事人知否(いっかのいじ ひとしるやいなや)

不為兒孫買美田(じそんのために びでんをかわず)

(意訳)何度も経験を積み辛酸を舐めて、はじめて志は固くなる、男児は玉となって砕け散るとも、瓦のように身の安全をはかるのを恥とするものだ。我が家の遺訓を知っているか。孫や子のために立派な田んぼは買わないのだ。

辛酸(しんさん)=つらい苦しみ。苦い経験。辛苦。苦労。なんぎ。

丈夫(じょうふ)=一人前の男。成年男子。ますらお。

玉砕(ぎょくさい)=玉となって砕けること。節義を守り、功名を立て、いさぎよく死ぬこと。

甎全(せんぜん)=かわらのようなつまらないものではあるが、完全であること。なすこともなく生きていることのたとえ。瓦全(がぜん)

詩の言わんとするところはわかりますが、私にはいささか過激に思えてなりません。辞書(新明解漢和辞典)を引くと、玉砕の反対概念が甎全(瓦全)で、北斉書、元景安伝に『大丈夫寧可玉砕、不能瓦全』とあるのが出典とのことです。これは西郷さんの詩と同じ意味です。ただ戦後教育を受けてきた者には「玉砕」と聞くと、どうも悲惨なイメージをぬぐえません。戦争中「玉砕」を正当化することにこの詩が使われたかと思うと、やりきれないものがあります。玉(この場合は宝石でしょうか)には価値があって、瓦には価値がないというたとえ方にも納得できかねます。

とはいえ『幾たびか辛酸を歴て志始めて堅し』というフレーズには、心を揺さぶられます。『兒孫の為に美田を買わず』もしかり。もっとも私の場合、子孫のために美田を買いたくても、いかんせん先立つものがなくて“買えず”ですけれども(笑)

ーーーーー

幾たびか辛酸を歴(へ)て志始めて堅し

丈夫は玉砕すとも甎全を恥ず

一家の遺事人知るや否や

兒孫の為に美田を買わず

【608】

« はるさめのこしたにつたふしみずかな(芭蕉) | トップページ | 春の暮家路に遠き人ばかり(蕪村) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幾たびか辛酸を歴て志始めて堅し(西郷隆盛):

« はるさめのこしたにつたふしみずかな(芭蕉) | トップページ | 春の暮家路に遠き人ばかり(蕪村) »