« 雪月花一度に見する卯木かな(貞徳) | トップページ | 一茶の「蝶」の句。 »

2013年5月11日 (土曜日)

蝶々や何を夢見て羽づかひ(千代女)

蝶を詠んだ加賀千代女(1703-1775)の句を鑑賞します。

蝶々や何を夢見て羽づかひ】(ちょうちょうやなにをゆめみてはねづかい)

(意訳)蝶がとまっている。羽を開いたり閉じたり、まるで考え事をしているみたいに。いったい何を夢見ているのかしら。

 「何を夢見て羽づかい」がいいですねぇ。あたりを飛びまわったあげく、羽を休めている蝶にぴったりです。風景を思い浮かべるだけで、ほんわかとした気分になります。女性らしい繊細な目線で、色気さえ感じます。荘子の「胡蝶の夢」からの連想という解もありますが、単なる叙景句としてとらえるのがいいと思います。

ーーーーー

蝶々やをなごの道の跡や先】(ちょうちょうやおなごのみちのあとやさき)

(意訳)ひとりで道を歩いていると蝶が飛んできた。後ろからついてきたり、前へまわったり。(女の道を心得ているのかしら)

 「をなごの道の」がいいですねぇ。蝶々との取り合わせにはドキッとします。女の歩く道にまつわりついてくる蝶。まさかストーカーではないでしょうが、ここでいう蝶は男のことではないかと、おじさんはつい裏の意味を想像してしまいます。

ーーーーー

蝶々や幾野の道の遠からず】(ちょうちょうやいくののみちのとおからず)

(意訳)蝶が飛んでいる。幾つもの野を越えて、どこへでも飛んで行ける蝶がうらめしい…。

 百人一首の「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天の橋立」(小式部内侍)を念頭に置いているのはいうまでもありません。「幾野の道」は何かの比喩なのか、「遠からず」はただのオチなのか、ちょっと理解に苦しみます。単なる叙景句としても、先の二句に比べてイマイチです。

※「蝶々」は「てふてふ」。

【623】

« 雪月花一度に見する卯木かな(貞徳) | トップページ | 一茶の「蝶」の句。 »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝶々や何を夢見て羽づかひ(千代女):

« 雪月花一度に見する卯木かな(貞徳) | トップページ | 一茶の「蝶」の句。 »