« 市中は物のにほひや夏の月(凡兆) | トップページ | はな紙を扇につかふ女かな(信徳) »

2013年6月11日 (火曜日)

紫陽花や仰山過ぎて折らずなる(成田蒼虬)

 江戸時代末期の俳人、成田蒼虬(なりたそうきゅう、1761-1842)の句を鑑賞します。

紫陽花や仰山過ぎて折らずなる】(あじさいやぎょうさんすぎておらずなる)

6543

 ↑先日訪ねた、府立植物園のあじさい園です。180品種、2500株のアジサイが植えられています。

6542

 ↑ひとつの花が、さらに小さい花の寄り集まりのように見えます。

 【「これだけ咲いているのだから、ひとつくらい折ってもいいだろう。でも、いざ折りとる段になると、いったいどれを折ったものか迷うなぁ」…と悩んでいるうちに、結局一本も持ち帰ることはなかった】

 特に解釈する必要もないと思いますけど、あえて意訳すればこのようになるでしょうか。『なんのこっちゃ』 と思いつつも、アジサイの特徴をよくとらえています。蒼虬といえば、月並調の大家です。さすがに俗受けするコツを心得ています。正岡子規以来、月並調は排斥されていますけど、これはこれでおもしろい句です。京都の人間ならば『ぎょうさん』という言い回しに、つい笑ってしまうのではないのでしょうか。金沢生まれの蒼虬宗匠、なかなかこなれた京言葉をつかいます。

ーーーーー

 府立植物園のあじさい園は、見ごろを迎えて咲き乱れていました。この句同様、折っていく人はいませんでした。ただし、それは『仰山過ぎて』ではなく、来園者のモラルが行き届いているからでした。

【654】

« 市中は物のにほひや夏の月(凡兆) | トップページ | はな紙を扇につかふ女かな(信徳) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花や仰山過ぎて折らずなる(成田蒼虬):

« 市中は物のにほひや夏の月(凡兆) | トップページ | はな紙を扇につかふ女かな(信徳) »