« 塔ばかり見えて東寺は夏木立(一茶) | トップページ | 蓮葉のにごりに染まぬ心もてなにかは露を玉とあざむく(僧正遍照) »

2013年6月18日 (火曜日)

花いばら故郷の路に似たる哉(蕪村)

 6612

 府立植物園のバラ園が見ごろです。蕪村の句を思い出しました。

花いばら故郷の路に似たる哉】(はないばらこきょうのみちににたるかな)

愁ひつつ岡にのぼれば花いばら】(うれいつつおかにのぼればはないばら)

ーーーーー

 文句なしにいい句です。蕪村を紹介した本には、懐旧、郷愁、センチメンタル、ロマンチシズムなどの言葉とともに、必ず取り上げられています。蕪村を代表する作品です。「故郷」と「茨」の取り合わせには、一茶の句、

故郷やよるもさはるも茨の花】(ふるさとやよるもさわるもばらのはな)

 もあります。一茶らしい句で、これはこれで捨てがたいですが、蕪村に比べると格調の点で劣るようです。蕪村の作品は、句集にあるもう一句、

路たえて香にせまり咲いばらかな】(みちたえてかにせまりさくいばらかな)

 を含めて傑作ぞろいです。理屈抜きに感動します。

6611

【661】

 

 

« 塔ばかり見えて東寺は夏木立(一茶) | トップページ | 蓮葉のにごりに染まぬ心もてなにかは露を玉とあざむく(僧正遍照) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花いばら故郷の路に似たる哉(蕪村):

« 塔ばかり見えて東寺は夏木立(一茶) | トップページ | 蓮葉のにごりに染まぬ心もてなにかは露を玉とあざむく(僧正遍照) »