« 鉾処処にゆふ風そよぐ囃子哉(太祇) | トップページ | いなづまやきのふは東けふは西(其角) »

2013年7月13日 (土曜日)

夏日作(元政上人)

 江戸時代初めの僧侶で詩人の元政(げんせい)上人の漢詩、「夏日作」を鑑賞します。

「夏日作」(かじつのさく)

夏日炎炎無奈長(かじつえんえんながきをいかんともするなく)

手揮団扇到斜陽(てにだんせんをふるってしゃようにいたる)

火雲一片不消尽(かうんいっぺんしょうしつくさず)

月在緑陰深処涼(つきはりょくいんのふかきところにありてすずし)

※火雲=雷雲、入道雲

意訳:夏の日は燃えるように暑くて長いのをどうすることもできない。団扇(うちわ)を手に持って日が沈むまであおいでいる。(日没後も)雷雲が一片残って消え尽くさないが、月が樹木の深いところに出てきて涼しくなった。

 元政上人(1623-1668)は、京都の生まれ。彦根の井伊家に仕えたのち出家し、伏見深草に瑞光寺を開きました。「夏日作」は、真夏の一日をうまくとらえたわかりやすい詩です。

 『夏の日は暑ぅて暑ぅてたまりません。これだけ長い時間暑いと、どうしようもないですなぁ。団扇持って、日が沈むまで扇ぎっぱなしです。ようやく夕暮れ時になっても、まだ入道雲が消えしません。せやけど、あの林の向こうに月が出てきて、なんとか涼しなってきましたわ』

 京ことばをまじえて噛み砕けば、作者の言いたいのはこんな感じかな。同じ京都に住む者として、まったく同感です。

 元政上人は大変親孝行な人として知られています。なんでも、深草うちわというのを考案して、日々両親を扇いでいたのだそうです。「手揮団扇到斜陽」には、そんな上人の心が込められているのかもしれませんね。

ーーーーー

夏日炎炎長きを奈かんともする無く

手に団扇を揮って斜陽に到る

火雲一片消し尽くさず

月は緑陰の深き処に在りて涼し

【686】

« 鉾処処にゆふ風そよぐ囃子哉(太祇) | トップページ | いなづまやきのふは東けふは西(其角) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏日作(元政上人):

« 鉾処処にゆふ風そよぐ囃子哉(太祇) | トップページ | いなづまやきのふは東けふは西(其角) »