« 古今集522(よみ人知らず) | トップページ | おめでたい話(カトラリーセット) »

2013年8月20日 (火曜日)

かんこどり可もなく不可もなく音哉(蕪村)

 蕪村の句です。

かんこどり可もなく不可もなく音哉】(かんこどりかもなくふかもなくねかな)

意訳:かんこどりが鳴いている…、う~ん、この鳴き声は“可も無く不可も無く”というところだな。

 ある日蕪村は、ふと鳥の鳴き声に気がつきました。どうやらかんこどりが鳴いているようです。かんこどりとは「閑古鳥」、カッコウのことです。その鳴き声は、古来より寂しい心を象徴するものとされています。耳をすませてみます。「カッコー、カッコー」 間違いなくかんこどりです。芭蕉の句が浮かびました。【憂き我をさびしがらせよかんこどり】 超有名な句です。自らも俳人である限り、ここで一句詠みたいところです。さっそくいくつかの言葉をつなげてみましたがイマイチです。なかなかまとまりません。

 『もうひとついいのができないな。どれも可も無く不可も無くというところか…うん? かんこどりは鳴く…私の句は、可も無く不可も無く……可も鳴く、不可も鳴く…鳴き声は音だし、音を“ね”と読ませて、ねかな。…これをまとめると…かんこどり可もなく不可もなく音哉。 うひょー、できたぁ』

ーーーーー

 というわけで、この句が詠まれた背景を勝手に想像した次第(笑)

【724】

« 古今集522(よみ人知らず) | トップページ | おめでたい話(カトラリーセット) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かんこどり可もなく不可もなく音哉(蕪村):

« 古今集522(よみ人知らず) | トップページ | おめでたい話(カトラリーセット) »