« 九日龍山飲(李白) | トップページ | 川風の涼しくもあるかうち寄する波とともにや秋は立つらむ(紀貫之) »

2013年9月 9日 (月曜日)

重陽祭(車折神社にて)

7440_2

 好天の九月九日、車折神社の「重陽祭」を見学しました。

ーーーーーーーーーー

7442

 到着したとき、すでに神事が始まっていました。午後1時からとのこと。参拝の方が大勢来ておられ、後ろから雰囲気を味わいます。

7443

 神職の祝詞・拝礼などが行われ、雅楽の演奏とともに舞が奉納されました。見学者の中には外国の方が目立ちます。カメラを持って本殿のまわりをうろうろされているのが印象に残りました。写真はありませんが、みなさんShinto(神道)に興味津津のようでした。

7444

 神事の後、菊酒がふるまわれました。昨日の記事に書いた李白の詩「九日龍山飲」にあった、酒に浮かぶ“黄花”を目の当たりにして感激です。車折神社の重陽祭は「不老長寿除災招福」を祈願されるとのこと。さっそく頂戴いたしました。

7445

 参列者だけでなく、見学者にもふるまわれるのがありがたいです。

7446

 この際、せっかくなので、社務所にてご利益グッズを買い求めます。

7447

 帰宅後、開けてみました。『金運・財運向上(祈念神石入り)きんちゃく』です。お金に関係あるモノを中に入れて、引き出しや金庫に収納しておくだけでも、金運・財運がUP! と境内のポスターに書いてありました。宣伝文句に魅かれた次第(笑)

7448

 さて、中には何を入れたのか? それは秘密です。 というわけで、

 “これで我が家の金運・財運はUPすること間違いなし!

 …だったらいいのになぁ。

ーーーーー

7449

【744】

« 九日龍山飲(李白) | トップページ | 川風の涼しくもあるかうち寄する波とともにや秋は立つらむ(紀貫之) »

ご利益さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重陽祭(車折神社にて):

« 九日龍山飲(李白) | トップページ | 川風の涼しくもあるかうち寄する波とともにや秋は立つらむ(紀貫之) »