« 抽選会で当たりました!…大阪ガスの「ガスてん」。 | トップページ | 酒人某出扇索書(菅茶山) »

2013年10月 7日 (月曜日)

何着てもうつくしうなる月見哉(千代女)

何着てもうつくしうなる月見哉

ーーーーーーーーーー

 加賀千代女の句です。月見といえば、普通は月そのものを愛でますが、この時、千代女の関心は月にはなく、むしろ自分の身だしなみにありました。

 『そろそろお供えをして、宴(うたげ)に備えなければならないわ。掃除は済ませたけど、料理を作らなきゃならない。おめかしもしないと…。着物は? 履き物は? 何着ようかな。どうしよう、今夜は名月なのよ。あー、どうしよう』

 そして肝心のお月さまが照らしだすと、千代女はうっとりとしてしまいます。皓皓と輝く姿に、すっかり心を奪われてしまったのです。お供えも料理も着物も履物もどうでもよくなり、代わりにこの句が生まれました。

7721

 あるいは名月にこだわらなくてもいいと思います。虫の鳴く庭にちょっと出て、今宵の月を捜すだけで、月はなくても月見の風情は感じられるものです。美しいのは着物ではなく句作する千代女自身の心です。そして「月」ではなく「月見」なのです。

なにきても うつくしゅうなる つきみかな

 なんといっても言葉の響きがいいですね。いかにも女性らしい表現が好きです。

(勝手な鑑賞であることをお断りしておきます)

【772】

« 抽選会で当たりました!…大阪ガスの「ガスてん」。 | トップページ | 酒人某出扇索書(菅茶山) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何着てもうつくしうなる月見哉(千代女):

« 抽選会で当たりました!…大阪ガスの「ガスてん」。 | トップページ | 酒人某出扇索書(菅茶山) »