« あきはきぬ紅葉はやどにふりしきぬ道ふみわけてとふ人はなし(よみ人知らず) | トップページ | 酒飲みてみな紅葉するその中にひとり醒めぬる松もはづかし(暁月坊) »

2013年11月17日 (日曜日)

紅葉見や用意かしこき傘二本(蕪村)

 蕪村の句です。

紅葉見や用意かしこき傘二本】(もみじみやよういかしこきかさにほん)

ーーーーー

 『紅葉見(紅葉狩り)』といえば晩秋。天気図も西高東低の冬型になりがちなこの季節は、突然の時雨に遭うことも多いものです。それを見越して『用意かしこき傘』とは、さすがに蕪村、うまいこと言うものです。

 もちろんこの場合の「かしこき」は「畏き」ではなく「賢き」です。頭がいいというよりは、抜け目がない、要領がいいという意味ですね。『傘二本』としたのもいいですねぇ。そこはかとない色気を感じます。できることなら紅葉狩りはカップルで行きたいです。

8133

 というわけで、京都に紅葉の季節がやってきました。今年の紅葉狩りは嵐山? 東山? 京都市内はどこへ行っても大混雑だろうなぁ、と行先を決めかねているよりも、

8132

 まずは傘二本用意です(笑)

【813】

« あきはきぬ紅葉はやどにふりしきぬ道ふみわけてとふ人はなし(よみ人知らず) | トップページ | 酒飲みてみな紅葉するその中にひとり醒めぬる松もはづかし(暁月坊) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉見や用意かしこき傘二本(蕪村):

« あきはきぬ紅葉はやどにふりしきぬ道ふみわけてとふ人はなし(よみ人知らず) | トップページ | 酒飲みてみな紅葉するその中にひとり醒めぬる松もはづかし(暁月坊) »