« 井のもとへ薄刃を落す寒さ哉(蕪村) | トップページ | 唇で冊子かへすや冬ごもり(涼袋) »

2013年12月16日 (月曜日)

かぞへ日は親のと子とは大ちがひ(古川柳)

 2013年12月16日。今年も残すところ半月となりました。街はいよいよ年の瀬の雰囲気です。商売人にとって師走はかきいれどきです。お歳暮商戦をはじめとして、一年中でもっとも仕事に追われる季節です。多忙な師走を乗り越えないことには、気持ちよく新年を迎えることはできません。誹風柳多留に次のような古川柳があります

十二月人をしかるに日をかぞえ】(じゅうにがつひとをしかるにひをかぞえ)

 この句は、御用納めまであと何日と指折り数え、こんなことでは年内に仕事を終わらすことができないと、使用人を叱咤激励する商家の主人を詠んでいます。また、

かぞへ日は親のと子とは大ちがひ】(かぞえびはおやのとことはおおちがい)

 というのもあります。お年玉に期待して『もういくつ寝るとお正月』とはしゃぐ子供と、借金の返済に追われ『大みそかまであと何日』と焦っている親と、同じ指折り数えるにしても、そのこころは大違いというわけです。

 『早く来い来いお正月~♪』 なんてのんびりと歌っていられるのは子供だけで、大人たちのなんともせわしない年末の風景は、江戸時代も現代も変わらないようですね。

【842】

 

« 井のもとへ薄刃を落す寒さ哉(蕪村) | トップページ | 唇で冊子かへすや冬ごもり(涼袋) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぞへ日は親のと子とは大ちがひ(古川柳):

« 井のもとへ薄刃を落す寒さ哉(蕪村) | トップページ | 唇で冊子かへすや冬ごもり(涼袋) »