« 冬籠り虫けらまでもあなかしこ(貞徳) | トップページ | 老いぬれば早くも年の暮るるかな昔も同じ月日なれども(信生) »

2013年12月20日 (金曜日)

炭うりに鏡見せたる女かな(蕪村)

 蕪村句集より。

炭うりに鏡見せたる女かな】(すみうりにかがみみせたるおんなかな)

(意訳)炭売りがやってきた。顔が真黒だ。おかしくなった女が鏡を持ってきて炭売りに見せ、二人で笑い合った。

 登場人物は若い炭売りの男と、下女の二人。場面は大きなお屋敷の勝手口です。炭売りの男はイケメンで、女はそれとなく恋心を抱いていました。ある冬の日、女がワクワクしながら待っていると、大八車に炭を乗せ、男はやってきました。今日に限って真黒な顔をしています。

 「いったいどうしたの」、「え? 何が?」、「その顔」

 思わず吹き出した女は、鏡を持ってきて男の顔を見せてやります。

 「真黒よ」、「さっきまで窯にいたからな」、「いつもはそんな黒くないのに」、「今日は時間がなかったんだ」、「どういうこと?」、「いつもこの屋敷に来るときは顔を洗ってくるんだ」、「あらそうだったの」、「キミに逢えるからね」

 このひとことに、女の顔はみるみる赤くなっていきます。二人はともに顔を見合わせて笑うのでした。

ーーーーー

 この句、炭のモノクロだけ強調されているのかと思ったら、実は炭売りの黒い顔と、女の赤い顔の二色刷りだったのです。ほのかな恋が成立した瞬間を詠んでいます。

(勝手な鑑賞です。念のため(笑))

【846】

« 冬籠り虫けらまでもあなかしこ(貞徳) | トップページ | 老いぬれば早くも年の暮るるかな昔も同じ月日なれども(信生) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炭うりに鏡見せたる女かな(蕪村):

« 冬籠り虫けらまでもあなかしこ(貞徳) | トップページ | 老いぬれば早くも年の暮るるかな昔も同じ月日なれども(信生) »