« 霜枯れはそことも見えぬ草の原誰にとはまし秋の名残を(俊成卿女) | トップページ | 木枯らしの吹き行くうしろすがたかな(嵐雪) »

2013年12月 8日 (日曜日)

二度までは箒とりたる落葉哉(几董)

 蕪村門、高井几董の「井華集」より。

「草庵」

二度までは箒とりたる落葉哉】(にどまではほうきとりたるおちばかな)

(意訳)草庵のまわりに落葉が次々に散ってくる。今日は二度までは箒をとって掃いたけれど、とても掃ききれない。

ーーーーー

 紅葉から落葉へ、季節は移ろっていきます。わが家のまわりも落葉でいっぱいです。掃いても掃いてもキリがないです。

8341

 さて、二度までは箒を取ったと言う几董さん、三度目はどうしたのかな? 

 …たぶん、疲れて“放棄”したのでしょう(笑)

【834】

« 霜枯れはそことも見えぬ草の原誰にとはまし秋の名残を(俊成卿女) | トップページ | 木枯らしの吹き行くうしろすがたかな(嵐雪) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二度までは箒とりたる落葉哉(几董):

« 霜枯れはそことも見えぬ草の原誰にとはまし秋の名残を(俊成卿女) | トップページ | 木枯らしの吹き行くうしろすがたかな(嵐雪) »