« 元日や此心にて世に居たし(闌更) | トップページ | 壱番大吉…車折神社おみくじ。 »

2014年1月 2日 (木曜日)

偶成(木戸孝允)

 幕末から明治にかけての政治家木戸孝允の漢詩です。

ーーーーー

『偶成』

才子恃才愚守愚(さいしはさいをたのみ ぐはぐをまもる)

少年才子不如愚(しょうねんのさいし ぐにしかず)

請看他日業成後(こう みよたじつぎょうなるののち)

才子不才愚不愚(さいしはさいならず ぐはぐならず)

(意訳)才子は自らの才を過信して努力を怠るが、愚者はおのれの愚かさを知って人一倍努力する。少年時代は、才子よりもむしろ愚鈍なほうがよいのだ。他日事業を成し遂げた後を見よ。少年時代に才子と言われた者が実は才子ではなく、愚かに見えた者が実は愚かではなかったことに気づくであろう。

※才子=頭がよく気のきいている人。

※恃む=頼る。誇りとする。

※守愚=愚かなりに努力する。かしこぶらない。

ーーーーー

 この詩、「」を反復して韻を踏んでいるのが特徴的で、意味もとりやすく印象深い作品だと思います。

 「十で神童、十五で秀才、二十歳過ぎたらただの人」というように、いくら能力があっても、人生の設計図ともいうべき『志』と、それに向かっての日々の『努力』がないと大成しないということです。西郷隆盛、大久保利通とともに、明治維新の三傑といわれる木戸孝允の作だけに、重みを持ってわれわれに訴えかけてきます。若人に贈りたい詩のひとつです。

【859】

« 元日や此心にて世に居たし(闌更) | トップページ | 壱番大吉…車折神社おみくじ。 »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偶成(木戸孝允):

« 元日や此心にて世に居たし(闌更) | トップページ | 壱番大吉…車折神社おみくじ。 »