« いづくにも帰るさまのみ渡ればやもどり橋とは人の言ふらん(和泉式部) | トップページ | 春はものゝ句になり易し京の町(漱石) »

2014年3月30日 (日曜日)

名をもたぬ京の桜はなかりけり(正岡子規)

9460_2

 京都市内の桜の名所のひとつ、「平野神社」にて正岡子規の句を鑑賞してみました。

名をもたぬ京の桜はなかりけり】(なをもたぬきょうのさくらはなかりけり)

ーーーーーーーーーー

9461

 平野神社にはさまざまな品種の桜があり、それぞれ開花時期が異なるため、三月の彼岸過ぎからゴールデンウイークまで楽しめることで知られています。境内の「さくらのしおり」と書かれた掲示板に「珍種十品種の紹介」とあります。いくつかを実際に見てみます。

9463 胡蝶桜(開花 4月5日頃)

9464 平野妹背桜(開花 4月15日頃)

9465 御衣黄桜(開花 4月20日頃)

9466突羽根桜(開花4月20日頃)

 いずれも、ただいま(3月末現在)のところほとんどつぼみ状態です。ただ「魁(さきがけ)桜」のみ、その名のとおり、他品種に“先駆けて”見ごろを迎えていました。

9467_2 (魁桜 開花 3月28日頃)

 「魁」「胡蝶」「平野妹背」「御衣黄」「突羽根」…、たしかに『名を持たぬ桜はなかりけり』です。もしやこの句は平野神社で詠まれたのではないか? と思うとき、子規と感動を共有したような気になって、わけもなく楽しくなりました(笑)

【946】

« いづくにも帰るさまのみ渡ればやもどり橋とは人の言ふらん(和泉式部) | トップページ | 春はものゝ句になり易し京の町(漱石) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名をもたぬ京の桜はなかりけり(正岡子規):

« いづくにも帰るさまのみ渡ればやもどり橋とは人の言ふらん(和泉式部) | トップページ | 春はものゝ句になり易し京の町(漱石) »