« たんぽゝもけふ白頭に暮の春(召波) | トップページ | ニフティ宝くじ5回目当選! »

2014年4月25日 (金曜日)

いきもどり見る山吹や鋸葉(重頼)

9721

 江戸時代はじめの俳諧集、「犬子(えのこ)集」巻二より重頼の句です。

いきもどり見る山吹や鋸葉】(いきもどりみるやまぶきやのこぎりば)

(意訳)行き帰りのたびに見る山吹は鋸のような葉(刃)を持っている…、なるほど! 道理で私も行ったり来たりするはずだ。

ーーーーー

 どんな用事があったのかはわかりませんが、作者の重頼は同じ道を何度も往復しています。季節は春の盛り。道端には山吹の花が咲き乱れていました。緑と黄色のあざやかな風景が重頼の目に入ります。山吹といえば、特徴的なのが葉のギザギザです。彼は瞬間的にダジャレを思いつきます。

 『山吹の「葉」にノコギリの「刃」。ノコギリは引いたり押したり(行きつ戻りつ)。山吹を見る私も、前を行ったり来たり(行きつ戻りつ)か。なるほど、これは道理というものだ』

 とまぁ、こんな感じでしょうか。この句、一読したとき私には何を言ってるのかわからなくて、『いきもどり みるやまぶきや のこぎりば』 はて? どういうこと? と悩んでしまいました。ただ、それもほんの一瞬で、次の瞬間には 『あ! わかったー。そういうことかぁ。』 と気づいた次第です(笑) 鑑賞するにあたっては、『今ならただのおやじギャグだな』 などと思わず、単純に笑っておくのがいいようです。

9723

 参考:岩波書店刊「初期俳諧集(新日本古典文学大系)」

【972】

« たんぽゝもけふ白頭に暮の春(召波) | トップページ | ニフティ宝くじ5回目当選! »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いきもどり見る山吹や鋸葉(重頼):

« たんぽゝもけふ白頭に暮の春(召波) | トップページ | ニフティ宝くじ5回目当選! »