« 大仏の柱くゞるや春の風(二柳) | トップページ | 木隠れて茶摘みも聞くやほととぎす(芭蕉) »

2014年5月 8日 (木曜日)

散残るつゝじの蕊や二三本(子珊)

 俳諧七部集「炭俵」より、子珊(しさん、?~1699)という人の句です。

散残るつゝじの蕊や二三本】(ちりのこるつつじのしべやにさんぼん)

(意訳)つつじの花は散ったが、蕊だけが二三本残っている。

ーーーーー

 芭蕉の七部集の中でも「炭俵」は“かるみ”を実践した作品集とされます。難しい俳論はともかく、“かるみ”とは、要するにさらっと軽く詠んだ句ということです。たしかにつつじは、花びらが散って蕊(しべ)だけが残っているものをよく見かけます。この句は写実の句で、“かるみ”の例句のひとつなのでしょう。作者の子珊は江戸深川の人とのこと。

9851

 この句、私のような俗なおじさんには、イマイチ余情がなくておもしろくないです。そこで、次のような話をこしらえました。

問:『ひとつの花に蕊が二三本残っているとして、このとき子珊の見た蕊は全部で何本だったでしょうか?』

答:『12本です。名前が“しさん”だけに、“しさん じゅうに”…なんちゃって(笑)』

(※当ブログのカテゴリーは、「勝手に鑑賞」であることをお断りしておきます)

【985】

« 大仏の柱くゞるや春の風(二柳) | トップページ | 木隠れて茶摘みも聞くやほととぎす(芭蕉) »

勝手に鑑賞「古今の詩歌」」カテゴリの記事

へたな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 散残るつゝじの蕊や二三本(子珊):

« 大仏の柱くゞるや春の風(二柳) | トップページ | 木隠れて茶摘みも聞くやほととぎす(芭蕉) »